​勝ちよりも価値

 

⾦メダル、世界チャンピオンを

⽬指すのはとても良いことです。

ただそれと同時に柔道から

学んだことや、

柔道をしてきたからこそ

得られる価値がある。

それらこそが、

子供達の未来の道しるべに

なっていくと信じています。

世界で勝負をしてきた二人が

​今、子供たちに伝えたいことを

体現するアカデミーです。

3つのCOCO 

 
アセット 1.png

"COCO"には私達の思いが沢山詰まっています

 ⽇本語の  「ここ(此処)」が原点です。

 1. ”ここ“にいるよ、"ここ"においで 

   ー  ⼦供たちの居場所となるように

 2. ”ここ”ろ(心)を通わす場所 

   ー 柔道を共にする中で相⼿と通わす⼼

 3. ”ここ”から世界と

   ー 子どもの頃から国際交流をしてほしい

他にも”COCO”はハワイ語でも

素敵な意味合いがあるようです♪ 

 ・COCO ー 共に⽣きる

     『⼈とのつながり、共存』を意味する

  *KOKO  ー 虹色

  

 

​国際交流

 

COCOでは子供たちが自らの意思で

「英語を話したい」と思えるきっかけの場に

なれることを願っています。

現在グローバルな時代を生きていく子供たちは

幼い頃から英語に学べる環境があります。

​ただ「なぜ英語が必要なのか?」

子供たちが自ら必要性を感じ、

自分の意思で「学びたい」と

思うことが大切です。

では、それはどんな時に感じるのか?

「世界に友達を作ること」です。

同じ柔道着を着た国籍も肌の色も違う友達と

「もっと話したい」

そういう交流の場をcocoでは、

創っていきたいと思っています。

また、新学習指導要領により、

2020年ごろから幼稚園、

小学校の教育現場でも「主体的な学び」が

キーワードになりました。

COCOでは子供たちが国際交流を通して

主体的に考える力を応援します。